側杖を食う話

芸能、ニュース、事件など

映画 芸能

清水富美加「泥棒役者」に出演予定だったが撮り直しへ。CMなどの違約金・損害賠償はいくら?

2017/02/21

宗教法人「幸福の科学」の活動に専念するため芸能界引退を表明した清水富美加さんですが、関ジャニ∞丸山隆平さんの主演映画「泥棒役者」に出演予定だったことが分かりました。

清水さんは1月26日から2月3日まで撮影に参加していました。役柄は不明ですが、清水さんは降板し、撮り直す方針です。近く代役をふくめた共演者を発表する予定です。

「泥棒役者」のあらすじは?

監督 西田征史

「泥棒役者」は西田征史監督が2006年に作・演出した同名舞台を映画化したものです。

あらすじ

主人公は、溶接工員としてまじめに働きながら、恋人と幸せな生活を送っている元泥棒・大貫はじめ(丸山隆平さん)が、街中で昔の泥棒仲間・則夫に脅され、絵本作家の豪邸に盗みに入るよう強要されます。

無事忍び込むことに成功しましたが、次々と人に見つかってしまい、はじめは出会った人々に「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と勘違いされます。

警察に捕まることを恐れたはじめは、その人物に成りきってその場をやり過ごそうとします。

スポンサーリンク

「暗黒女子」は予定通り公開

清水さんが主演する映画「暗黒女子」は予定通り公開されます。

そのほかの出演映画「笑う招き猫」「東京喰種 トーキョーグール」は対応を協議中とのことです。

スポンサーリンク

CMも対応を協議中

清水さんはCMに2本出演していますが、いずれも契約が3月末までで、残りは少なく、損害賠償は少なくて済むようです。

問題は撮影が途中の映画があることです。この映画は11月公開予定で、現在撮影が中断していて、代役で撮り直すとなると億単位の費用がかかるとみられています。この損害賠償をレプロエンタテインメントが負担するのか、教団が肩代わりするのか週明けの20日以降に交渉される見通しです。

ただ、教団は事務所に不信感を抱いているので、交渉は長引く可能性がありますね。

レプロは5月20日まで契約があるとし、残っている仕事を責任をもってやり遂げてほしいと主張していますが、教団側は2月末で契約は終了し、仕事についても体調不良でできないと主張しています。
【関連記事】
清水富美加が幸福の科学に出家し、芸能界引退。メッセージ全文。大川隆法総裁の動画は?
清水富美加の法名は千眼美子。女優時代の給料は月5万円
千眼美子「全部、言っちゃうね。」の購入方法や内容は?本屋で売ってない?ネット通販?
KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬が清水富美加との不倫告白。いつからいつまで恋人に?

スポンサーリンク

-映画, 芸能

人気記事

葛西りまと成田吏那 1
葛西りまさん自殺のいじめ加害者の名前、顔写真画像、ツイッターまとめ。工藤千江梨、有馬空、上田美羽、山内瑠花、芳賀ひあり、山本真梨菜など

浪岡中学校葛西りまさん自殺の事件はいじめに参加した人が多いと言われています。 遺 ...