側杖を食う話

芸能、ニュース、事件など

ニュース

龍角散のど飴にドーピング禁止物質が含まれるというデマがツイッターで流れる【デマッター】

1月1日からドーピングに関する禁止表国際基準が変更となり、スポーツ選手は「南天」を含むのど飴の服用ができなくなりました。

しかし、南天を一切含まない「龍角散のど飴」がドーピング指定されたとするデマが拡散されました。

日本卓球協会の通達がきっかけ。ヒゲナミン?

2016年12月28日に日本卓球協会ドーピングコントロール委員会が2017年1月1日から新たにドーピング扱いに指定される禁止物質に関して注意喚起のための情報発信を行いました。

日本卓球協会ドーピングコントロール委員会

これによると「ヒゲナミン」が含まれる「南天」入りののど飴が使用禁止になっています。

これを見て「龍角散のど飴」に南天が含まれると勘違いした人がSNS上に拡散し、まとめサイトなどでも記事化されました。

ヒゲナミンは、南天以外ではゴシュユ(呉茱萸)、ブシ(附子)、 サイシン(細辛)、チョウジ(丁子)にも含まれますが、「龍角散のど飴」の成分にこれらはどれも入っていません

確かに上の文章に「龍角散のど飴」と一言も書いてないなとは思いましたが、綺麗なデマでしたね。

ツイッターでは「龍角散のど飴を食べてるからアスリートになれないのか」とかいうツイートが流れましたが、デマの拡散に加担しないよう気をつけたいものです。

南天のど飴は南天を含んでると思うので、駄目なんでしょうね(未確認)。

浅田飴はエフェドリン(麻黄)を含むので以前から駄目なようです。

スポンサーリンク

龍角散公式で否定

龍角散がプレスリリースでデマを否定しました。

龍角散のど飴

スポンサーリンク

龍角散粉末をストローで鼻から吸うと凄く効く?

ドーピングのデマと併せて「龍角散粉末をストローで鼻から吸うと凄く効く」というのがTwitterで拡散されましたが、これは誤った服用方法で、龍角散は用法・容量の厳守を呼び掛けています。

龍角散はのどの粘膜に直接作用して効果を表す薬と説明しています。

スポンサーリンク

-ニュース

人気記事

葛西りまと成田吏那 1
葛西りまさん自殺のいじめ加害者の名前、顔写真画像、ツイッターまとめ。工藤千江梨、有馬空、上田美羽、山内瑠花、芳賀ひあり、山本真梨菜など

浪岡中学校葛西りまさん自殺の事件はいじめに参加した人が多いと言われています。 遺 ...